行動すれば次の現実

ほどよくモダンなシステム開発を目指しています。メインテーマは生産性、Ruby、Javascriptです。

Github Projectsを利用したタスク管理と運用ルール

アプリ開発する上で、様々なプロジェクトのタスク管理ツールを使ってきましたが、最終的にGithub projectsに落ち着きました。

弊社プロジェクトで実際に運用しているルールは以下の通りです。 小規模なプロジェクトであれば、問題なく回るのではないかと考えています。

  • リポジトリごとにProjectを一つ作成する
  • Columnは以下の通りとする
    • Inbox: いつかやるけど今じゃない
    • ToDo: やる必要があるもの
    • in Progress: 今やってるもの
    • Check: 作業が終わってるけど本番確認がまだ
    • Done: リリースしたもの(closeしたら自動的にDoneに移動する)
    • Pending: 何らかの理由で作業が止まっているもの
  • 開発手法はGithub Flowを用いる
  • ブランチ名は「issue番号-概要」
    • 1234-fix-conditions
  • PRのdescriptionに issueのリンクを貼る
    • issueとPRが関連付けされる
  • issue:PRは1:N
    • 一つのissueにつき、複数のPRを作成しても良い
    • 全てのPRがマージされたらissueをCheckに移動させる
  • 大規模な機能開発の場合は中間ブランチを作成する
    • Epicのような運用
    • 例) master -> calc_orders/master -> cals_orders/1234-fix-conditions